伊那谷の尺八吹き

伊那谷で尺八を吹いています。活動記録など。

コーヒーのすすめ

f:id:juicyfragrance:20170306232106j:image
私の趣味の一つにコーヒーがあります。

コーヒーを飲むことはもちろんなのですが、それ以上にコーヒーを「淹れる」ことが好きなのです。

コーヒーは好きだけど、家ではインスタントで済ませてしまう…という人も多いかと思います。私も少し前まではそうでした。

ところが先日、うちの奥さんがコーヒー好きな私のためにコーヒーをドリップする道具をプレゼントしてくれたのです。

正直その時は「面倒くさいなぁ、別にインスタントで満足なんだけど」と思っていたのですが、大きな間違いでした。初めて豆を挽いたとき、その香りにすっかり魅了されてしまい、今はもうインスタントには戻れなくなってしまいました。

カフェや喫茶店で飲む美味しいコーヒーが、自宅で飲めるのです。しかも一杯数十円と経済的。何より、ドリップした後に部屋中に漂うコーヒーの香りで幸せになれます。これはインスタントでは到底経験できないメリットです。オススメです。

自宅でコーヒーを入れるために最低限必要な道具は以下の4つだけです。

必要な道具リスト

①コーヒーミル

コーヒー豆を挽いて粉にする道具です。この時にコーヒー豆から漂う香りだけでもう幸せになれます。手動と電動があります。

②ドリッパー

コーヒー粉からコーヒーを抽出する道具です。メーカーによって形が異なります。素材もプラスチック、陶器、金属など様々です。

③サーバー

抽出したコーヒーを受ける容器です。これは最悪無くてもコップがあれば代用できます。

④ドリップポット

お湯を注ぐ道具です。通常のポットより出口が細くなっているドリップ専用のポットがおすすめです。

全て購入しても数千円で済みます。あとはコーヒー豆を購入すれば、いつでも美味しいコーヒーが飲めます。

次回は上の4つの道具について、私のオススメをご紹介します。