伊那谷の尺八吹き

伊那谷で尺八を吹いています。活動記録など。

これだけあれば大丈夫!自宅で美味しいコーヒーを淹れるための道具4品

f:id:juicyfragrance:20170306232106j:plain

今日は、私が自宅でコーヒーを淹れるために使用している道具をご紹介します。
どれもお手頃な値段で、手軽に手に入れられるものばかりですのでご安心を。

1.コーヒーミル

コーヒー豆を粉にするための道具です。スーパーには粉の状態で売っているものもありますが、絶対豆で買ってください。でないと家でわざわざドリップするメリットが半減、いやそれ以上無くなります。

ポーレックス 手挽きコーヒーミル セラミック ミニ 日本製

ポーレックス 手挽きコーヒーミル セラミック ミニ 日本製

 

 私が使っているのは、ポーレックスのミルです。外観がステンレスでスタイリッシュですし、ハンドルが外せるのでスペースをとらず、持ち運びも容易です。

2.ドリッパー

コーヒーの粉を入れて、コーヒー液を抽出するための道具です。メーカーによって様々な形状があります。

HARIO (ハリオ) V60 01  透過 コーヒードリッパー クリア コーヒードリップ 1~2杯用  VD-01T

HARIO (ハリオ) V60 01 透過 コーヒードリッパー クリア コーヒードリップ 1~2杯用 VD-01T

 

 私が使っているのはハリオのV60ドリッパーです。素材はプラスチック、陶器、ガラス、金属など様々ですが、プラスチックが格安ですし、割れる心配もないですし、手入れが簡単なのでお勧めです。専用のペーパーも合わせてご購入ください。

 3.サーバー

ドリッパーで抽出したコーヒー液を受ける道具です。コップでも良いのですが、やはり専用のサーバーがあったほうが良いかと思います。

HARIO (ハリオ) V60 コーヒーサーバー 700ml VCS-02B

HARIO (ハリオ) V60 コーヒーサーバー 700ml VCS-02B

 

 このサーバーと、ドリッパーと、ペーパー、セットでも売ってます。単品で購入するよりかなりお得です。ちなみに私はこのセットを使っております。

HARIO (ハリオ) コーヒーサーバー V60 02セット コーヒードリップ 1~4杯用 ブラウン VCSD-02CBR

HARIO (ハリオ) コーヒーサーバー V60 02セット コーヒードリップ 1~4杯用 ブラウン VCSD-02CBR

 

 4.ドリップポット

ドリッパーにお湯を注ぐためのポットです。普通のポットやケトルとの違いは、お湯の出口が極細になっていることで、これによりお湯を細く安定してドリッパーに注ぐことができます。

HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル ヴォーノ コーヒードリップ 1200ml VKB-120HSV

HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル ヴォーノ コーヒードリップ 1200ml VKB-120HSV

 

 私はハリオのV60ドリップケトルの800mlを使用しています。直接火に掛けることも可能ですが、私は電気ケトルで沸かしたお湯をこのポットに移して使用しています。

 

あとは、豆があれば美味しいコーヒーが自宅で楽しめます。豆については、また別の機会に紹介します。今回私が紹介した物以外にも、コーヒーをドリップする道具はたくさん出ています。見るだけでもオシャレで楽しいですよ!どんな道具があるか気になる方には、こんな本もあります。

珈琲 for Beginners (100%ムックシリーズ)

珈琲 for Beginners (100%ムックシリーズ)