最後から二番目のブログ

尺八と、麻雀と、コーヒーと。

麻雀で初めての経験

こんばんは。竹内燿山です。

麻雀のキャリアは尺八とほぼ同時期ですが、まだまだ麻雀にも未経験のイベントがたくさんあります。

アガったことのない役もまだいくつかあるのですが、先日、その役に遭遇しました。自分がアガったのではなく、放銃という形で。

国士無双十三面待ち。ダブル役満です。しかも始まって僅か七巡目の出来事でした。

何気なく切った西に「ロン」の声。

ああ、七対子か…。と思いきや国士。しかも十三面待ち。

4人打ちでこの役に遭遇したのは麻雀初めて15年になりますが、初めてのことです。

悔しいというよりは、凄いものを見たな、という感想です。私が切らなくても他の誰かが放銃していたでしょう。防ぎようのない手役です。

いつか、自分でアガってみたいものです。

ちなみにまだアガったことのない役は、

天和、地和、四カンツ、国士十三面待ち、純正九連、三カンツ、の7種。

一生かかっても達成できなそう…。